カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

RSSフィード

ブログ内検索

伊勢ノ国 BLOG
遠出の鉄道旅行にも行きづらくなり、昔の旅行を懐かしんだり、近場の鉄道写真や日常生活を楽しんでいます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今まで本当にありがとうございました
 途中で放置したりと、長年にわたって続けてきたブログですが、自身の身の回りの変化もあり、心機一転するつもりで閉鎖させていただくことになりました。

 思えば若気の至りというか、過去記事を振り返ると懐かしいよりも穴を掘って隠れたくなるような駄文ばかりで、とても知り合いに紹介できるものではなく。そうした記事が混在していたため、年をとった現在の自分とは違和感がありありで。過去の自分を否定すると言うわけではありませんが、いつまでも古い自分がそこにいるのは重荷のようで。

 有名な画家が、訪問客が自分の過去の作品をもって見せてもらった時、その作品を高値で買い戻したそうです。友人がなぜかと聴くと、「こんな駄作が残り続けることに耐えられない」と答えたのだとか。
 コリン ウィルソンという知る人ぞ知る執筆家は、若かった頃に書いた詩や小説の原稿を庭で焼いた時、惜しい気もしたが過去の自分を葬ることで生まれ変わった心地がした、そうです。

 商業作家が精魂打ち込めて作品を書き上げるように、もっと丁寧に書いていたら。その悔やみはありますが、たかだかブログ、ということもありましたし、書き捨てたものが現在の自分を居心地悪くさせるとは予想もせず。
 過去の記事を読み返すと惜しいものもありましたが、こうして削除してしまうと自分の未熟さがようやく成仏していくような気がします。親孝行もせず鉄道旅行に出かけたことを悔いる気持ちも辛かったですし、貴重な写真もあるものの「なぜもっと撮影しておかなかったのか」と、まあ後悔ばっかりが蘇るのですわw

 おそらく、過去の写真でよさそうなものはamazonで書籍に出来ないものか試してみるつもりですし、ネット上や電子書籍では私の作品がまだ残ることになるかもしれません。まあブログ閉鎖はそうした理由もあるわけですが。

 では、FC2で書き続けた、『伊勢ノ国 blog』は、これで終わりです。私はまだ他のネット上で生息していますし、リアルの世界でもどこかですれ違うかも知れません。ブログに来訪してくださった皆さん、鉄道の面白さを共有してくださった皆さん、今まで本当にありがとうございました。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。